【募集中!】会報誌「種まき」執筆・編集・デザインボランティア

=============================
A SEED JAPANニュースレター「種まき」
執筆・編集・デザイン ボランティア募集のお知らせ!
=============================

種まき

A SEED JAPAN編集部では、会員や関係者のみなさまに環境問題・社会問題とASJの今をお知らせするためのニュースレター「種まき」の執筆・編集・デザインに参加するボランティアを募集中です。
※「種まき」とは、A SEED JAPANのニュースレターです。ASJの活動と重要な環境問題・社会問題を「若者」の視点で掲載し、約1000人の会員とこれから会員となる方々に伝えていくことを目的としています。

雑誌の執筆、編集、デザインの経験がある、という方は大歓迎。経験はないけれど興味があるという方、これを機会に一からノウハウを学んでみませんか?学生/社会人は問いません。
環境問題や社会問題を多くの方に伝えるのに一肌脱いでもよいと思う方、まだまだ未熟な「種まき」を一緒に育てていただける方はぜひご連絡下さい。
(※過去の「種まき」…参考URL:http://asj.jugem.jp/?cid=2

みなさまのご参加・ご協力を、心からお待ちしております。

【活動内容】
・年4回発行予定のニュースレターの執筆・編集・デザイン。
【募集対象・条件】
・A SEED JAPANの活動に共感があり、雑誌の執筆、編集、デザインの経験がある、という方
・A SEEDJAPANの活動に共感があり、一からノウハウを学んでみたい方。
・ illustrator, photoshop等adobeソフトを使用できる方歓迎
・illustrator等のソフトが利用できる環境であれば、ご自宅での活動も可能です。ソフトが使用できる環境にない方はご相談下さい。
・ 学生・社会人、プロ・アマは問いません。
・A SEED JAPANのメンバーとして関わって頂くことになるため、会員になって頂く必要があります。会費は一般準会員5000円、学生準会員で3000円です。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。(http://www.aseed.org/admission/

※ ボランティアなので実費以外の報酬はお支払いできません。

参加ご希望の方は下記のフォームに添って、メールにてお申し込みをお願いします。

================☆お申し込み・お問い合わせ方法☆===========
件名を「種まき編集部応募」として
A SEED JAPAN事務局へメール(info@aseed.org)でお申し込みください。

1)お名前(ふりがな):     (     )
2)所属:
3)e-mail:
4)A SEED JAPANの □会員 □非会員
5)ご希望:□ライター □編集 □デザイン
6) 希望項目のご経験:□経験あり □経験なし============================================================

□■種まき復刊第1号完成までのスケジュール■□
10/3(木)種まき復刊MTG
スケジュール、企画確定
10/11(金)執筆者に原稿依頼
取材開始
11/2(土)入稿、順次開始。編集・校正を2~3回行う。
完成したものから入稿へ。
11/7(月)第2回種まきMTG
11月 初校戻し、再考戻しを経る
12/6(金)原稿完成
12/8(日)印刷し、完成
12月中旬~ A SEED JAPANが出展するイベント「エコプロダクツ2013」等で配布

================
そのほか、ご不明な点がありましたら、事務局の西島まで、ご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

A SEED JAPAN事務局
西島香織(info@aseed.org

2013-10-23 | カテゴリー:お知らせ

【10/5(金)】勉強会開催!SDGsと持続可能な地域

国際青年環境NGO A SEED JAPAN 主催
勉強会:SDGsと持続可能な地域
~ユースによる未来への提言に向けたキックオフ!~
10月5日(土)18:30~20:35(受付開始18:20)
@中央区立環境情報センター 会議室2
*========*========*=======*=======*=======*=======
今、2030年に向けての世界が動き出しています。9月に国連会合が開かれ、ミレニアム
開発目標(MDGs)の次の段階への議論が本格的にはじまっています。
一方で日本でも、3.11と原発事故を経て、持続可能な社会のためにライフスタイルや企
業経営を見直す動きが進んでいます。
しかし、放射能からの再生や再生可能エネルギーへの転換などにおいても合意形成や制
度の面で課題が山積しています。
それらの課題を払拭するためには、自立的で持続可能性を秘めた地域の営み――すべて
の資源が循環し、将来世代の豊かさも念頭に置いた、つながりを大切にした社会の価値を、
国際的な合意形成の場で提示することが必要です。
本勉強会では、あらたな国際枠組みとして注目を集めているポストMDGsとSDGsの議論
の最前線を共有するとともに、「持続可能な開発」に新たな一石を投じ、地域発の持続可能
な社会の在り方を国際社会に訴えるためのキックオフとなる勉強会です。
皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加ください!
──────────────────────────────────
<開催概要>
──────────────────────────────────
【日時】
2013年10月5日(土)18:30?20:45
【会場】
中央区立環境情報センター 会議室2
(有楽町線「銀座一丁目駅」7番出口より徒歩2分
JR「東京駅」八重洲南口、「有楽町駅」京橋口よりそれぞれ徒歩6分)
【対象者】
環境・貧困・その他国際問題等に関心のある学生・社会人、
NGO/NPO関係者、マスコミ関係者、歓迎
【参加費】
参加費:一般 500円、学生・会員 300円
【ご登壇者】(予定)
小野田真二さん(「環境・持続社会」研究センター〈JACSES〉)
福島 宏希さん(United Youth代表)
鈴木 亮 (A SEED JAPAN未来生活nowプロジェクト理事)
【お申し込み】
●Facebookからお申込みの場合:
●E-mailの場合:ご氏名、ご連絡先、ご所属を記入のうえ、
miraifu.now@gmail.com <mailto:miraifu.now@gmail.com>までご連絡ください。
【主催】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN
(未来生活nowプロジェクト)
──────────────────────────────────
<プログラム(予定)>
──────────────────────────────────
18:20 開場
18:30 オープニング
18:40 基調講演 「SDGs議論のこれまでと最新情報の共有」小野田真二氏
19:05 講演 「NGOユースとしてSDGsを考える」福島宏希氏
19:20 話題提供
「SDGsに関する見解と、持続可能な地域目標の提案」鈴木亮
19:35 質疑応答
<休憩>
19:50 パネルディスカッション
「持続可能な地域社会を作るための、NGO・ユースとしてすべきこと」
20:30 クロージング
──────────────────────────────────
<お問い合わせ>
──────────────────────────────────
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:鈴木、西島)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
Tel: 03-5366-7484 Fax:03-3341-6030
──────────────────────────────────

2013-10-03 | カテゴリー:お知らせ