【1/18(土)】A SEED JAPAN 新春の活動紹介オリエンテーション開催!

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
国際青年環境NGO A SEED JAPAN
私たちと一緒に活動してみませんか?
活動紹介オリエンテーション開催!
★対象:学生全般
★日程:1/18(土) 14:00~16:00
★場所:A SEED JAPAN事務所(東京都新宿区新宿5-4-23)
★参加費:500円(資料代)
…━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

年の瀬のあわただしさを感じる今日この頃。
あと少しでお正月ですね。
清々しく新しい年の始まりに是非、ASJの門を叩いてみてはどうでしょうか。
私たちA SEED JAPANでは、NGO活動を通じて熱い思いを形にしています。
学校や会社に行きながらでも、ボランティアパワーで社会をよりよくすることができる!
少しでも興味をもったなら、まずはオリエンテーションへご参加ください!

こんな方を求めています!

・環境・社会問題に興味があり、NGO活動を通じて社会を変革したい方
・明るく元気で、元気で、コミュニケーション能力、行動力がある方
・自分の企画能力やファシリテーションスキルを向上させたい方
・とにかくこの夏休みから何かを始めたい方

[開催概要]

オリエンテーションでは、A SEED JAPANに興味を持った人を対象に、実際に活動しているスタッフが分かりやすく説明します。
前半は具体的には最初に簡単な自己紹介で緊張をほぐすことから始まり、「NGOとは?」「A SEED
JAPANの目指すもの」、「各プロジェクトチーム紹介」と進めていきます。後半では参加者の興味のあるプロジェクトごとに個別で相談に応じます。

[オリエンテーション申込み]

参加お申込みフォームよりお申し込みください。
http://www.aseed.org/recruitment/form/

オリエンテーションは月1回のペースで開催しています。

A SEED JAPANとは

A SEED JAPAN(Action for Solidarity, Equality, Environment and

Development/青年による環境と開発と協力と平等のための国際行動)は、1991年10月に設立された日本の青年による国際環境NGO(非政
府・非営利組織)です。1992年6月、ブラジルで開催された「地球サミット(国連環境開発会議)」へ青年の声をとどけるため、世界約50ヶ国70団体が
参加して「A SEED国際キャンペーン」が行われました。その日本の窓口として、全国の青年の声をまとめ、国連へ提言書を提出したのが始まりでした。そして地球サミッ
トを終えて会員制度を有する団体として新たにスタートしました。
私たちは国境を越えた環境問題とその中に含まれる社会的な不公正に注目し、より持続可能で公正な社会を目指しています。そのために現在の大量生産・大量消
費・大量廃棄のパターンの変更と、南北間・地域間・世代間の格差をなくしていくことが必要だと考えます。このような社会を実現するために、未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。
ご質問・ご相談等ありましたらお気軽にinfo@aseed.org(担当:西島)までお問い合わせください。

2013-12-24 | カテゴリー:お知らせ

「トルコへの原発輸出に道開く原子力協定に反対を!」へ賛同しました

原発輸出問題に取り組んできた「環境・持続社会」研究センター(JACSES)と国際環境NGO FoE
Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)で、下記の緊急要請への団体賛同・個人署名を募集し、要請書を各国会議員に提出することが決まり、
この要望書に、A SEED JAPANも賛同いたしました。

トルコへの原発輸出について

現在、国会ではトルコへの原発輸出の道を開く日トルコ原子力協定の批准手続きが進められています。

しかし、トルコは地震国(過去50年間に1000人以上の死者が出た大地震が7回発生)
であるにも関わらず建物やインフラの耐震補強は進んでいません。
イスタンブール市の耐震補強率は全建物の1%程度で、
大地震により道路・上下水道・送電線など周辺インフラが寸断される可能性が高く、
1999年の大地震では、変電施設損壊が相次ぎ、数日間にわたり停電する事態が発生しています。

建設予定地のシノップは黒海を挟んだ反対にチェルノブイリがあり、
チェルノブイリの事故の際、牛乳や小麦の汚染が深刻になりました。
また、シノップは観光産業で成り立っており、原発ができることにより観光客が減ることも懸念されます。
このような理由から、市民の反対は根強くなっている現状です。
さらに、市民だけではなくシノップ市長も原発建設に反対していることから、住民避難計画の適切な策定・実施も困難です。放射性廃棄物の処分の目途も立っていません。

このままでは、何の十分な対策のないまま原発が建設され、最悪の事態として福島原発と同じ悲惨な出来事が起きてしまう可能性もあるのです。

まだこの賛同への署名を募集中です。

★第3次締切は1月15日(水)です。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-b478.html

参考文献

2013-12-11 | カテゴリー:お知らせ

エコプロダクツ2013に参加してゴリラを守ろう!-ケータイゴリラプロジェクト-

–:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:–
エコプロダクツ2013に参加してゴリラを守ろう!
-ケータイゴリラプロジェクト-
–:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:—-:*:–

~ケータイゴリラはエコプロダクツに2008年以降、6年連続で出展します!~

携帯電話、そしてスマートフォンが普及し始めてからもう10年以上経ちました。
どんどん新しくなる機能・デザイン。
キャリア各社も、次から次へと新しいサービスを開発・提供しています。
そんな私たちの生活に溶け込んでいる携帯電話について、
知っておいてほしい事実があります。

それは、携帯電話に含まれる鉱物とコンゴの紛争、
そしてそこで生きるゴリラとの関係です。

実は、携帯電話の製造に必要な鉱物をめぐって起きているのが、
多くの被害者を出して史上最悪の紛争とも言われている、コンゴ紛争です。
一方で、ジャングルに生息するゴリラも、この内戦に巻き込まれたり、
食用として密猟されたりということも相まって、絶滅の危機に瀕しています。

つまり、私たちの便利な生活を作るために、
多くの人々、そしてゴリラが傷つけられているのです。
そこで私たちケータイゴリラでは、使わなくなった携帯電話を回収し、リサイクル・リユースを行い、その収益を保護団体に寄付することでゴリラを守ろう!というキャンペーンを行っています。

要らなくなった携帯電話を持って来ていただければ、私たちが責任を持って地球を守るお金に変えさせて頂きます。

また、携帯電話を寄付してくださった方には、渋谷近辺でお使いいただける地域通貨もプレゼントします。是非使い終わった携帯電話を持って、エコプロダクツ2013にお越し下さい。

■参加方法
使わなくなった携帯電話や眠っている小型家電(音楽プレーヤー、ポータブルゲーム機、ビデオカメラ、デジタルカメラ)などを、東京ビックサイト東3ホール「エコプロ
ゴミゼロ大作戦」コーナーにお持ちください。

不要になった携帯電話がゴリラを守るための資金へ変わります。携帯電話や小型家電をお持ちいただいた方には
「ケータイゴリラ×エコプロダクツ」のオリジナルステッカーをプレゼントします!

■「リユース」と「リサイクル」の選択について
ブースにて、お持ちいただいた携帯電話を「リユース」するか「リサイクル」するかをみなさんにお選びいただけます。
・「リサイクル」にご寄付いただいた場合、1台あたり約50円~80円が寄付に充てられます。
・「リユース」にご寄付いただいた場合、1台あたり300円以上が寄付に充てられます。

※ ブースでは、リサイクルの場合は携帯電話を直接破壊し、リユースの場合は
携帯電話を持ち帰り、後日データ消去を行うことで、個人情報の漏洩防止に努めています。安心して携帯電話をお持ちください。

■日時
12月12日(木)10:00~18:00
12月13日(金)10:00~18:00
12月14日(土)10:00~17:00

■場所
東京ビックサイト東3ホール
りんかい線 「国際展示場」駅下車 徒歩7分
ゆりかもめ 「国際展示場正門」 徒歩3分
会場までの詳しいアクセス方法はこちら↓
http://www.bigsight.jp/general/access/

■お問い合わせ
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:永田)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL:03-5366-7484 FAX:03-3341-6030
E-mail:info@keitai-gorilla.org
(企画)A SEED JAPAN / FLAT SPACE /白井グループ(株)/エコケー(株)/(株)三光金属

2013-12-11 | カテゴリー:お知らせ