【8/10(日)】エネルギー地域自給の話をしよう!~井筒耕平さんを囲む会~

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エネルギー地域自給の話をしよう!~井筒耕平さんを囲む会~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■
原発事故を経て国のエネルギー政策についていろいろな意見が飛び交
う中、地域に根差し、地域で自然の力を使ってエネルギー自給を実現
しようという動きが各地で起こっています。
そんな中、超高齢化が進む中山間地(岡山県 上山集楽・西粟倉村)
において、ワカモノ世代の仕事づくりをミッションとして、棚田再生、
古民家再生、自然エネルギー、小規模自伐林業などを実践する井筒耕
平さんを囲む勉強会を開催します。
地域の問題、再生可能エネルギーの活用、エネルギーを自分事として
考えることに興味がある方の参加をお待ちしています。

【プログラム】
◇自然エネルギーの基本のキ ―西粟倉村の挑戦から学ぶ―
村楽エナジー株式会社 代表取締役 井筒 耕平

◇ディスカッション

【日時】2014年8月10日(日) 10:30-12:00 (開場 10:15)

【場所】アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

【参加費】 無料
【定 員】 35名
【主 催】国際環境青年NGO A SEED JAPAN
アジア太平洋資料センター(PARC)

【参加申込】http://bit.ly/ethicalseminar

【井筒耕平さん紹介】
1975 年生まれ。村楽エナジー(株)代表。岡山県西粟倉村在住。博
士(環境学)。
専門は、再生可能エネルギーおよび林業に関する実践およびコンサル
ティング。放棄されている地域資源を再価値化することによる新たな
時代の仕事づくりと、夫婦ユニットmenpeiの夫としての暮らしづくり
の両面から、生き方そのものに対する旅を続けている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問い合わせ】
国際環境青年NGO A SEED JAPAN
エネルギーとまちづくりプロジェクト(担当:西島、浜田)
TEL:03-5366-7484
E-mail:info@aseed.org
※ *を@に変えて送信してください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014-07-30 | カテゴリー:お知らせ

NPO法人格を取得しました

ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミットに青年の声を届けた「A SEED国際キャンペーン」、その日本窓口として1991年にASJが設立されてから、20年以上が経ちました。これまで私たちが走り続けてこられたのでは支えてくださった皆さまのおかげです。活動へのご参加・ご支援、心から感謝いたします。

さて、ASJは去年の11月に臨時総会を開催し、そこでNPO法人格を取得することを決定しました。その後、準備を進めていき、3月末に所轄庁の東京都よりNPO法人として認証を受けました。そして4月1日に法務局へNPO法人の登記申請をして、無事NPO法人格を取得しました。ここでは改めてNPO法人格を取得した目的と、NPO法人になってからの主な変更点をご説明したいと思います。

【NPO法人格を取得した目的について】

大前提として、現在の活動及びこれからの活動を行いやすくするための「道具」としてNPO法人格を取得したということです。NPO法人格を取得したことによって、何か本質的なことが変化したり、活動内容が大幅に変更したりということはありません。今まで通り、ミッションに従って活動を行っていきます。

責任の分散という意味でもNPO法人格を取得しました。任意団体では代表個人に責任が集中し、現在の予算規模・活動内容ですと、個人が責任を負うのは荷が重い場合もあります。個人一人に責任が集中しないよう、法人として責任が負えるように体制を整えました。

資金調達の面では、助成金や委託事業を獲得する際、法人格を持つことが条件のものも多く、活動をする上で必要な助成金や委託事業を獲得したい時に備え、NPO法人化したという目的もあります。

【NPO法人になってからの変更点について】

任意団体の時は、役員(理事・監事)の承認、活動計画や予算の承認は総会での議決事項になっていましたが、今後は理事会での議決事項になるよう定款を定めました。

役員の承認に関して言うと、現在ASJは活動体の代表は理事になることと定めています。新しく活動体を始める際、もし理事の承認が総会の議決事項にしておくと、活動を始めたいと思っても、年1回の通常総会まで待つか、臨時総会を開くかして理事にならないと活動が始められないことになり、活動に機動性がなくなってしまいます。活動計画と予算の承認についても同様で、変更があるたびに、臨時総会を開催するというのは本来の活動に支障をきたすことになってしまいます。以上のような理由で変更をしていますので、ご理解いただけると有難いです。

そして、これからは定款に則った組織の運営をしていくことになります。この定款も「道具」に過ぎず、私たちの活動にプラスに成るよう定款を使っていかなければなりません。定款に縛られすぎて、本来の活動に支障をきたすことがないように行動していきたいと考えています。

後は会員の皆さまには直接関係してきませんが、毎事業年度初めの3ヶ月以内に所轄庁へ事業報告書、決算書類、財産目録、前事業年度の年間役員名簿、前事業年度末日における社員のうち10人以上の者の名簿を報告する義務を負うことになります。

ASJが設立されてから現在に至るまで、日本や世界でもNGO/NPOの数は増え、活動が成果を上げる一方で、環境問題はより深刻化し、社会を取り巻く状況はさらに複雑化しています。

ボランティアの自発性とASJとして活動すべきテーマがあるところに、新しい活動はこれからも生まれ続けます。生まれた活動を効果的に継続していき、最大限の成果を挙げられるようにするためのNPO法人格と考えています。

これからも、皆さまのご参加・ご支援をよろしくお願いいたします。

 

2014-07-06 | カテゴリー:お知らせ

【7/26(土)】ソーシャル・エコノミー・ダイアローグ2014 第1回 「~企業・金融・市民活動の接点~」

開催趣旨

日本では、この10数年の間、企業の社会的責任(CSR)に関する取り組みが徐々に進展してきました。

メーカーは自社の環境問題に対する取り組みをPRし、また金融機関は環境や社会に配慮した企業に
積極的に投融資する姿勢を見せています。
こうした中、A SEED JAPANではセミナーやシンポジウム開催を通じて市民・金融機関等との対話を進
めてきました。

しかしながら、環境問題、貧困問題、労働問題、格差等の多様な社会問題が一層深刻化していく中で、
社会課題を真に解決に導く経済のあり方(ここでは「責任ある経済」と呼ぶこととします)についての議論
は十分になされていません。

そこで、本ダイアローグでは、企業、金融機関、NGOの各ステークホルダーから、その「責任ある経済」
の仕組みづくりに向けた取り組みについてお話しいただき、これからの新しいアクションに向けて参加者
のみなさんと一緒に話し合います。
企業セクターからは「責任ある経済」を標榜し、非常に先駆的なCSR活動を展開しているパタゴニア、金
融セクターからは「自然資本」の考え方を導入した金融を実践している三井住友信託銀行からゲストをお
招きします。

A SEED JAPANでも現在、オランダ発の金融機関の社会性評価ウェブサイト「Bankwiser」の日本版の
立ち上げに向けて準備を進めていますが、これも「責任ある経済」の仕組みづくりの一環と考えています。

本ダイアローグでの意見交換が、こうした具体的な仕組みづくりに繋がっていきます。市民セクター、金
融セクター、企業セクター、さまざまな立場の方のご参加をお待ちしています。

お申し込みはこちらから!⇒https://ssl.form-mailer.jp/fms/ed018a40308958

開催概要

【主催】国際青年環境NGO・A SEED JAPAN

【企画】エコ貯金プロジェクト

【日時】2014年7月26日(土)14:00~16:30(受付13:30)

【参加費】一般(社会人):2,000円
一般(学生):1,000円
A SEED JAPAN会員(社会人):1,000円
A SEED JAPAN会員(学生):500円

【会場】野村セミナールーム(新宿野村ビル4F)
http://www.nomura-shop.com/info/access.html

〒163-0590 東京都新宿区西新宿1-26-2
JR・小田急線・京王線「新宿」駅西口 徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅2番出口 徒歩4分
都営地下鉄大江戸線「都庁前」駅B2出口 徒歩3分
※JR新宿駅西口、都営新宿線・京王新線新宿駅から都庁方面へ地下道を通り、
N5番出口をご利用になると雨に濡れずにお越し頂けます。

※本イベントは、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金からの助成を受けて開催いたします。

 

プログラム(予定)

全体コーディネータ:A SEED JAPAN土谷和之

13:30 開場
14:00 開会

14:00 オープニング「責任ある経済とは何か?(仮)」
A SEED JAPAN 鈴木亮

14:20 責任ある経済に向けた取り組み ~ケーススタディ~
・企業の取り組み
パタゴニア日本支社 環境担当 篠健司様
「ビジネスの世界から社会を変える(仮)」

・金融機関の取り組み
三井住友信託銀行経営企画部CSR担当部長 金井司様
「自然資本をベースとした新しい金融のあり方(仮)」

・NGO/NPOの取り組み
A SEED JAPAN理事/事務局次長 西島香織
「地域発展とエネルギー問題に対する金融の役割(仮)」

15:20  休憩

15:30 パネルディスカッション
「『責任ある経済』に向けた企業・金融・市民の取り組みの接点(仮)」
モデレータ:土谷和之

16:20 クロージング

16:30 終了

 

お申込み・お問い合わせ

<お申込み>
2014年7月25日(金)までに以下のサイトにアクセスし、必要事項をご記入ください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/ed018a40308958

<お問い合わせ>
国際青年環境NGO A SEED JAPAN 事務局 西島

2014-07-02 | カテゴリー:お知らせ