【4/12(日)】What’s Next? ~お金の役割から考えるエネルギー・食・経済の次の一歩~

今回のテーマはWhat’s Next?

私たちの生活を今後豊かにしていくものは何でしょうか?これからの時代、これからの地球にとって大切なものは何でしょうか?
戦後70年目の今年、アースデイ東京2015、1週間前というタイミングで、今後の平和のために必要なポリシーについて一緒に模索していきませんか。
今回のテーマは「エネルギー」「食」そして「経済」。
そして以下の3つの立場からそれぞれの「What’s Next?」を考えます。
・環境問題の将来世代を担う「若者」
・環境に配慮したお金の流れや仕組みをかえる「金融機関」
・仕組みを政策に反映させるための「NGO/NPO」
「若者」「金融機関」「NPO/NGO」という多様なセクターが一緒になって現在の環境問題(食とエネルギー)について議論し、今後の経済のあり方や平和の構築に向けた「次の一歩」を生み出しましょう。 

※「What’s Next?」は、アースデイ東京2015の「ワカモノ×ミライ」エリアを作り上げる若者団体による共同企画です。
詳細はこちら

【プログラム】

※登壇者詳細はこちら!

13:00 開場
13:30 開会
テーマ1:お金に意志をこめることとは?
「Fair Finance Guide Japan(国際的なメガバンクのCSR比較と日本の現状について)」
A SEED JAPAN 土谷和之
「お金の地産地消白書、NPOバンクと金融機関との協働について」
コミュニティ・ユース・バンクmomo 木村真樹氏
テーマ2:都市に生命を地域に愛を
パネルディスカッション
(日本のNPOが金融機関のスコア向上のためにできること、それぞれのWhat’s Next?)
<話題提供者>
中央労働金庫 高瀬美由紀氏
多摩信用金庫 長島剛氏
東京コミュニティパワーバンク 坪井眞里
テーマ3:What’s Next? 次の一歩は何だろう?
ワカモノ、金融機関、NGOを交えたグループワーク
<話題提供者>
「食のWhat’s Next?-グリーンコンシューマの歴史とこれから」
環境市民 有川真理子氏
多摩信用金庫 長島剛氏
「エネルギーのWhat’s Next?-電力自由化に向けたパワーシフト」
FoE Japan 吉田明子氏
東京CPB 坪井眞里氏
「おカネのWhat’s Next?-お金の地産地消を東京でも!」
コミュニティ・ユース・バンクmomo 木村真樹氏、
中央労働金庫 高瀬美由紀氏(予定)
17:25 閉会挨拶
17:40 閉会 (※懇親会あり)

【開催概要】

【日時】2015年4月12日(日)13:30~17:40 (13:00開場)
【会場】国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 401号室
http://nyc.niye.go.jp/train/ 参宮橋駅より徒歩7分
【参加費】A SEED JAPAN学生会員 500円
A SEED JAPAN社会人会員・一般学生 1,000円
一般 1,500円
【主催】A SEED JAPAN ワカモノ×ミライ
【助成】独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金
【対象】
・環境問題に興味があるが、なかなか活動に踏み出せない若者
・社会的なお金の流れに関心のある金融機関の方
・様々なセクターを巻き込んで社会に影響を与えたいNPO/NGO

【お申込み】

2015年4月11日(土)までに以下のサイトにアクセスし、必要事項を記入してください。

【お問い合わせ】

国際青年環境NGO A SEED JAPAN
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL:03-5366-7484 FAX:03-3341-6030
担当:西島・鈴木

2015-02-28 | カテゴリー:お知らせ

3.28 「再エネ×金融×電力自由化」シンポジウム開催のお知らせ

3月28日(土)13:00より――――――――――――――――――――□■□■
「再エネ×金融×電力自由化」シンポジウム
~ドイツとカナダ・オンタリオ州の事例から見る日本への示唆~
主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
□■□■―――――――――――――――――――――――――――――――
2016年から私たちは、電力を選べる時代を迎えようとしています。
しかし、一体私たちの生活の何がどう変わるのでしょうか。

今回のシンポジウムでは、「エネルギー×金融」という切り口から、
2016年の電力小売市場の自由化を前にして、
市民であり、消費者である私たちがどのような選択をすることができるのか
参加者のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ドイツやカナダ・オンタリオ州において
すでに始まっている電力自由化後の再生可能エネルギーの動向や、
日本でこれから起こりうるエネルギーを取り巻く状況の変化、
そして生産者(事業者)を支えるお金という切り口から
地域金融機関と市民ファンドを通して、
市民サイドによる再生可能エネルギーの普及について一緒に考えてみませんか?

□■□■――――――――――――――――――――――――――――――□■□■

☆開催概要☆

【日時】
2015年3月28日(土) 13:00~16:20(12:30開場)

【場所】
FORUM8 663会議室(6F)
*アクセス
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル
東京メトロ「渋谷」駅1番、2番出口より徒歩約3分
JR「渋谷」駅ハチ公改札口より徒歩約5分
京王電鉄「渋谷」駅西口より徒歩約3分
地図はこちらから

http://www.forum-8.co.jp/access/

【主催】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN

【対象】
・エネルギーに関心のある学生・若手社会人
・エネルギーとお金の流れに関心のある人
・実際に、市民発電所の取り組みをしている人
・金融機関に勤めている若手社会人

【参加費】
一般:1,000円
学生・ASJ会員:500円

【プログラム】
1.オープニング(10分)
2.日本のエネルギー政策の現状と再生可能エネルギー事情(30分)
~カナダ・オンタリオ州におけるエネルギー政策から見えてくるもの~
話題提供者:道満治彦氏
3.ドイツにおける電力自由化とその後のエネルギーの動向(30分)
~ドイツにおける消費者主体の電力選択とエネルギー事業に関わる協同組合~
話題提供者:手塚智子氏
休憩(10分)
4.日本の地域主導のエネルギー生産者に対する金融の在り方
4-1.市民ファンドや疑似私募債の持つ可能性(30分)
話題提供者:多賀俊二氏
4-2.地域金融機関と再生可能エネルギー事業(30分)
~日本とドイツの取り組みから~
話題提供者:寺林暁良氏
休憩(10分)
5.パネルディスカッション(45分)
「2016年の電力自由化により私たちの生活はどう変わるか」
【パネリスト】セッション4までに登壇していただいた講師の方々
【コーディネーター】北風亮氏
6.クロージング(5分)

●ゲスト
道満治彦氏〔特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所リサーチアシスタント〕
手塚智子氏〔市民エネルギーとっとり代表〕
多賀俊二氏〔中小企業診断士〕
寺林暁良氏〔株式会社 農林中金総合研究所調査第二部研究員〕
北風亮氏〔公益財団法人 自然エネルギー財団上級研究員〕

【参加申込み】

下記の参加申し込みフォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f035d58c347152
※締め切りは3月27日までですが、まだお席に余裕がありますので、
当日、お申込みでない方は直接会場までお越しください。

その他、今回のシンポジウムについてご不明な点がございましたら、
件名を【「再エネ×金融×電力自由化」シンポジウム】として、
info@aseed.orgまでご連絡ください(担当:松井、西島)。

※今回ご提供いただく個人情報は、 A SEED JAPANが主催する
各種イベント等に関する情報提供とそれらに付随する
諸対応に使用させていただく場合があります。
取り扱いに関するご質問・ご要望がございましたら、事務局までお問い合わせください。
※A SEED JAPANのプライバシーポリシーは以下のURLをご覧ください。
http://bit.ly/jRTeAo

※本シンポジウムは、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。

 

2015-02-19 | カテゴリー:お知らせ