【9/5(月)】緊急セミナー“核のゴミ(特定放射性廃棄物)”の後始末-その決め方は私たちが決める!

開催概要

日本で最初の商業用原発が動き始めてから、今年でちょうど50年が経ちました。
その間、原発の燃料を燃やしている間生まれ続けてきた「核のゴミ」を知っていますか?

国内の原子力発電所建屋内には、約2万トンの「使用済み核燃料(一度、燃料として使用した後の燃料棒)」が残ったままとなっています。政府はそれを、リサイクルすることでもう一度使える燃料にするための計画を進めてきました。
でも、半世紀前からある計画にも関わらず今も実現していません。それにリサイクルをしても、実は利用できない分、「核のゴミ(死の灰)」が何万年も放射能を出し続けながら残ってしまうのです。
これら核のゴミは、これから何万年もかけて、危険な放射性物質の量が減るまで安全な場所に処分しなければなりません。いったいどのように保管され、貯蔵されるのでしょうか。
政府は今年8月5日に、ワーキンググループで議論してきた結果を「科学的有望地の提示に係る要件・基準の検討結果(地層処分技術WGとりまとめ)(案)」としてまとめ、9月8日までこの案に対する市民からの意見を募集しています。
未来を生きる私たちはどのような責任をもち、どう向き合えば良いのでしょうか。
専門家のお話を聞き、そもそも処分場はどのようなものなのか、処分場の選定に必要な条件や問題点な何なのか。それらを知るセミナーを開催します。

◆◇◆パブリックコメント◆◇◆
「科学的有望地の提示に係る要件・基準の検討結果(地層処分技術WGとりまとめ)(案)」に対する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=620216007&Mode=0
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 
【プログラム(案)】 
18:30 開場、受付
18:45 開催挨拶
18:55 講演①地層処分WGの議論の抑えどころ
19:25 質問タイム
19:45 講演②パブリックコメントのここがツボ
20:00 質疑応答
20:15 ディスカッション:これからできるアクションとは?
20:45 閉会

【会場】  若松地域センター 第2集会室A(東京都新宿区若松町12-6)
【日時】  2016年9月5日(月) 19:00~:21:00
【参加費】 500円
【定員】  20名
【主催】  国際青年環境NGOA SEED JAPAN
【講師】   伴英幸さん(原子力資料情報室共同代表)

お申込み

下記のフォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b1a59a96462098 

※一人でも多くの方にご参加いただきたいため、Skype(音声のみ)参加ご希望の方の方も受け付けております。回線やネット環境によってはつながりにくい場合もありますが、まずはご相談ください。

2016-08-31 | カテゴリー:お知らせ

【イベントレポート】若者ソーシャルカフェin神奈川

2016年6月25日に、地域の未来を担っていく若者を対象にしたイベントを横浜で開催しました。
当日は神奈川にゆかりのある二人のゲストをお招きし、ゲストトークを行いました。
意見交換の時間では、ゲストを交えながら「若者が地域とより関わっていくために」どのようにすれば良いか参加者同士で議論しました。
詳しい内容はイベントレポートにまとめましたので、ご覧ください。

イベントレポートはこちら→ PDF

2016-08-25 | カテゴリー:お知らせ

【9/13(火)】 Fair Finance セミナー 「金融機関と気候変動リスク ~欧米の最新動向を踏まえて~」

お申込はこちら!:https://ssl.form-mailer.jp/fms/3b935f39460337

Facebookでは最新もご覧になれます:https://www.facebook.com/events/171133239976911/

開催概要

近年、温室効果ガスを排出する企業や、企業に資金提供を行う金融機関が、気候変動問題をビジネスリスクとして捉え、対策を急ぎ始めてきています。
特に欧米では、石炭の温室効果への悪影響や採掘時に引き起こされる環境破壊、今後のCO2排出規制強化により化石燃料を使用できなくなるリスク(座礁資産リスク)を懸念して、特にCO2排出の多い石炭関連事業に関わる企業から投融資を引き揚げるダイベストメント(投資撤退)が盛んになってきています。
一方、日本では欧米の流れとは逆に、新たな石炭火力発電所の建設等、石炭関連事業への投融資は活況になってきています。今後、日本の金融機関がこの問題から目を背けたまま事業を営むことにリスクはないのでしょうか?

フェア・ファイナンス・ガイド・ジャパン(http://fairfinance.jp/)は銀行の「社会性」を格付けし、その結果をWebサイトで預金者にわかりやすく公開するとともに、気候変動に関する投融資方針や投融資の実態を明らかにしてきました(※)。
今回のセミナーでは、日本の金融機関に潜むリスクや、この影響をダイレクトに受ける現場の様子、欧米金融機関の最新動向などを、専門家の目から分かりやすくお伝えします。
ゲリラ豪雨、猛暑日など…気候変動問題が私たちの生活に与える影響が重みを増していく中、日本の金融機関が今後どのような方向に進むべきか、一緒に考えてみませんか?

※関連レポート
・気候変動実態ケース調査
http://fairfinance.jp/bank/casestudies/climate_flagship2015/)
・海外主要銀行の「石炭ダイベストメント方針」 調査レポート(http://fairfinance.jp/news/2016/20160422-1/

【日時】
2016年9月13日(火)19:00~21:00 (開場18:40~)
【会場】
ソラシティ カンファレンスセンター テラスルーム
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ
最寄駅:御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅、淡路町駅、小川町駅
http://solacity.jp/cc/access/
【参加費】
一般1,000円
A SEED JAPAN・JACSES・PARC会員及びマンスリーサポーター 無料
【定員】
50名
【プログラム】
(1) オープニング
国際青年環境NGO A SEED JAPAN 事務局長 西島 香織 (予定)
(2) 企業が直面する気候変動リスク(情報開示の国際動向や訴訟リスク事例を中心に)
東北大学教授 明日香 壽川氏
(3) 国内で石炭火力発電を推進する行政・企業の動向とそれに対する市民活動の現状
気候ネットワーク東京事務所長 桃井 貴子氏
(4) 欧米の金融機関が認識する座礁資産リスクとダイベストメント(投資撤退)の最新動向
株式会社ニューラル 夫馬 賢治氏
(5) パネルディスカッション・質疑応答
コーディネーター:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)田辺 有輝
(6) クロージング

【お申し込み方法】
以下のサイトよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3b935f39460337

【主催】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN
【協力】
(特非)アジア太平洋資料センター(PARC)、(特非)「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
【お問い合わせ先】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:西島・田川)
〒110-0005
東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
TEL:03-5826-8737
Eメール:info@aseed.org

※本イベントは、株式会社ラッシュジャパン、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金、Swedish International Development Cooperation Agency (スウェーデン国際開発協力庁)からの助成を受けて開催いたします。

 

2016-08-23 | カテゴリー:お知らせ

【8/11(木)】結イレブンvo.32 東京五輪と福島復興を考える交流会

開催概要

【日時】2016年8月11日(木・祝)14:00~17:00(終了後、交流会を予定)
【参加費】一般1,000円、学生・会員500円(美味しい福島の特産品・飲み物つき)
【会場】JICA地球ひろば・セミナールーム600(JR市ヶ谷駅より徒歩10分)
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/

【申し込み】電話:080-7028-6128(鈴木)
★フォームメーラーからお申込みください。部分参加・当日参加も可能です。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/4982dc73283466
★追加情報、詳細などはfacebookページをご参考ください。
https://www.facebook.com/events/654570741361394/

【共催】A SEED JAPAN、元気になろう福島、すずめの未来市、
【協力】オリンピック学生団体「おりがみ」、東日本大震災支援全国ネットワーク

【プログラム(予定)】
●第一部:現場からの報告(60分)
・都築則彦氏(オリンピック学生団体「おりがみ」代表 )
・本田紀生氏(NPO法人「元気になろう福島」 事務局長)
・黒田かをり氏(東京五輪グリーン調達委員会 委員)
・平井有太氏(『ビオクラシー~福島にすでにある~』著者)
進行:鈴木亮(東日本大震災支援全国ネットワーク)

●第二部:グループディスカッション(90分)
・第一部のゲストと参加者にて
Step.1「福島復興と東京五輪について理解を深める」
Step.2「目指すべき復興の形を考える」
Step.3「東京五輪で出来る事を考える」
進行:おりがみ

●交流会:会場近くの居酒屋にて希望者による交流会を予定しています(実費)

【オリンピックと福島復興】
●福島県 復興推進アクションプラン
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/150753.pdf

【関連リンク】
●学生オリンピック団体「おりがみ」
http://olimpic-origami.pupu.jp/

●ブログ「結イレブン/すずめの未来市」
http://ameblo.jp/suzumenomiraichi/

●元気になろう福島
http://genkifukushima.jp/

●国際青年環境NGO アシードジャパン
http://www.aseed.org/

●「東日本大震災支援全国ネットワーク・現地会議の記録(動画あり)」
http://www.jpn-civil.net/2014/activity/genchi_kaigi/

2016-08-04 | カテゴリー:お知らせ

【8/29(月)】フェア・ファイナンス・スクール「市民=預金者が世界を変えるためにできること」

「兵器」「人権」「気候変動」等のテーマ毎に、銀行の投融資方針を比較するウェブサイト「Fair Finance Guide」の日本版(http://fairfinance.jp/)が2014年12月に立ち上がりました。

銀行が「社会に悪影響を及ぼす企業/事業に投融資しない」といった方針をどれだけ持っているかを調査し、各テーマ別に採点した結果をウェブサイトに上げています。この「格付け」結果から、各銀行の社会的な取り組みがどこまで進んでいるか、を把握することができます。更に、私たち預金者は本サイトを通じて、銀行に対し「もっと環境や人権を守るための投融資方針をもってほしい」等のメッセージを発信できるといった、参加型のツールとなっています。

「Fair Finance Guide」日本版は、開設以降多くの注目を集め、20以上のメディアに掲載されています。日本でも「Fair Finance Guide」を参照し、投融資方針の改善を検討する銀行が現れる等、具体的なインパクトをもたらしつつあります。

ただ、Fair Finance Guideの評価基準やウェブサイトの内容には、やや専門的な内容も含まれており、「なかなかすぐに理解しづらい。」との声を頂いています。そこで、Fair Finance Guideの詳細をお話しした上で、その内容について質問やディスカッションができる場=「フェア・ファイナンス・スクール」を開催することとなりました。

本スクールでは、銀行はどんな仕組みなのかについてもレクチャーしますので、「金融にあまり詳しくない…」という方でも、スムーズに参加することができます。

「銀行の役割」「フェアなお金の流れ」「グローバルな企業活動と社会問題の関係」等に関心のある方は、ぜひご参加ください。

※学生の方及びA SEED JAPAN/PARC/JACSESの会員の皆様は無料で参加できます!

開催概要

【主催】(特非)A SEED JAPAN

【協力】(特非)アジア太平洋資料センター(PARC)、(特非)「環境・持続社会」研究センター(JACSES)

【日時】2016年8月29日(月)18:45開場 19:00開始 20:30終了

【参加費】一般:1,000円、A SEED JAPAN/PARC/JACSES会員:無料、学生:無料

【会場】ラーニングカフェ
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブone秋葉原ビル8階
(JR秋葉原駅から徒歩7分 / JR御徒町駅から徒歩7分 / 地下鉄銀座線 末広町駅から徒歩4分)
地図:http://www.aseed.org/about/map/
*A SEED JAPANの事務所は7階ですが、会場は8階となります。

【プログラム(予定)】

講演及び全体コーディネート:新関康平(A SEED JAPANボランティアスタッフ)

18:45 開場 19:00 開会

講演「Fair Finance Guide とは?」

質疑&ディスカッション「私たちの預けたお金がフェアに使われるためにできること」

20:30  終了

 

<お申込み>以下のフォームに必要事項を記入してください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9cf0a530379972

 

<お問い合わせ先>

(特非)A SEED JAPAN 事務局 (担当:西島)

電話:03-5826-8737

Email:info@aseed.org

 

2016-08-04 | カテゴリー:お知らせ

【8/9(火)】終戦記念日直前 原爆の日緊急セミナー あなたの銀行と非人道兵器の関係を探る

開催概要

核実験を通してまき散らされる大量の放射性物質や、戦争による爆撃そのものは、豊かな自然環境や生物多様性を破壊するという意味で最大の環境破壊といえます。
そのような“非人道兵器”の開発製造に自分の預金が使われている事は、預金口座を持つ多くの人の想像が及ばないことかもしれません。
Fair Finance Guide 日本版(http://fairfinance.jp/)では、8月5日に日本の銀行による非人道兵器関連企業への投融資の実態調査に迫ったレポートを発表します。このレポートは、国内大手4銀行グループが核兵器・クラスター兵器製造企業へ多額の投融資を行っている実態を明らかにしています。また、7 月 29 日に5兆3千億円の運用損失がニュースとなった年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も、核兵器・クラスター兵器製造企業への投資をしていた事が明らかになっています。
長崎に非人道兵器・原爆が落とされた8月9日。現在、あなたのお金がどのように非人道兵器につながっているのか、そして非人道兵器によるイラクでの被害実態やNGOの活動状況をゲストから伺い、有効なアクションについても考えていきます。

 

■日 時:2016年8月9日 (火) 19:00~21:00
■場 所:ラーニング・カフェ
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル8F
JR秋葉原駅 中央改札口から徒歩7分、JR御徒町駅 南口から徒歩7分、東京メトロ銀座線「末広町駅」から徒歩5分
■スピーカー:
佐藤真紀氏 (日本イラク医療支援ネットワーク事務局長・副代表)
田辺有輝氏 (環境・持続社会」研究センター(JACSES) プログラム・コーディネーター)
■参加費:一般:1,000円、学生500円、下記団体(※)会員:無料
※A SEED JAPAN/PARC/JACSES/NGO非戦ネット賛同団体/JIM-NET参加団体
■主 催:(特非) A SEED JAPAN
■協 力:(特非)「環境・持続社会」研究センター、(特非)アジア太平洋資料センター、(特非)日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)、NGO非戦ネット
■定 員:30名

お申込み

こちらのフォームよりお申し込みください
※本セミナーは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金からの助成を受けて開催します。

2016-08-03 | カテゴリー:お知らせ