A SEED JAPAN MDGsウォッチチームとは?
◆MDGsとは?
 2000年に国連年次総会で採択された貧困問題の解決を目指す目標がミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)です。「2015年までに1日1ドル未満で生活する人口比率を半減させる」などの目標を掲げています。しかし、その開発政策は不十分で、改善が必要です。

◆青年として!
わたしたちは2015年まで9年となった今年に開催されたMDGsレビュー国連サミットに向けて啓発活動を行いました。また12月に開催されるWTO閣僚会合に向けて、貧困問題と密接に関係する貿易の不公正を是正することを提言していきます。そして、MDGsの「ウォッチ」を続け、青年達と貧困を無くすための活動を議論し提案しています!
青年として、貧困の無い未来に一歩踏み出すために。
|About us | trackback (x) |
★場所・参加費変更★貧困問題をライフスタイルから考える
3/19に、貧困問題について扱うMDGsウォッチチームが
貧困問題をライフスタイルから考えるイベントを行います!
一緒に貧困問題について足元から考えませんか?

ご参加お待ちしています!

          ★場所と参加費を変更しました★
______________________________________________________________________
■□■
□■  「貧困問題をライフスタイルから考える」
■    〜"遊ぶ"・"食べる"・"貯金する"から〜
                  

  by 国際青年環境NGO A SEED JAPAN MDGsウォッチチーム
________________________________________http//www.aseed.org/mdgswatch

「世界の貧困問題に、わたしは何ができるのだろう?」、「そもそも、なにが
原因なのだろう?」昨今、貧困問題への注目が高まるなか、そんな思いを抱い
たことありませんか?

事実、問題の解決はそう簡単ではないです。ただ、捉えかた次第で明日から
できる行動はあります。私たちは身近な生活の視点から貧困問題にアプローチ
する「貧困をなくすライフスタイル」を提案しています。

きっと、皆さんが行動するきっかけになると思います。
是非、イベントに参加してみてください。

◇参考:貧困をなくすライフスタイル
http://www.aseed.org/mdgswatch/ls/

__________________________________________________________________

◆イベント概要
  ◇日時:  2006年3月19日(日) 18:30〜21:00(18:00開場)
  ◇参加費: 会員300円、非会員500円
  ◇定員: 30人
  ◇主催: 国際青年環境NGO A SEED JAPAN MDGsウォッチチーム
      http://www.aseed.org/mdgswatch/ 
  ◇会場:A SEED JAPAN事務局
      http://www.aseed.org/contact/index.shtml
  ◇交通: JR新宿駅より徒歩15分、丸の内線新宿御苑駅より徒歩5分
  ◇会場へのアクセス:JR新宿駅東口のA9出口から地上に出て、靖国通り
を四谷方面)に直進します。左手にフレッシュネスバーガーがあるので
その隣の細い路地に入ります。左手に白い建物がありますので、その
1階が事務所です。新宿第二保育園がお向かいにあります。
 
 
◆プログラム
◇第1部
1,アイスブレーキング
2,発表:しくみから貧困を考える

入門:世界の貧困問題
貧困はなぜ解決されないのか?
―コーヒーなどから見るモノと世界の経済の流れ
しくみから私たちの生活までを考える
―世界の合意(ミレニアム開発目標:MDGs)、私たちの生活

◇第2部(90分)
3,発表:ライフスタイル提案
遠い国の貧困の問題について考え続け、日常の中で「出来ること」
をやり続けることは、けして容易ではありません。もっと大勢の人
が参加できて、もっと沢山の命を救える「出来ること」を一緒に見
つけていきましょう!

*貧困をなくすためのライフスタイル
http://www.aseed.org/mdgswatch/ls/

4,分科会〜ディスカッション〜

「食べる」「遊ぶ」「貯金する」の3つの分科会に分かれて、明日か
らできる行動について考えていきます。

「食べる」あなたの今日の食卓は、貧困や戦争のない未来につながって
いますか?
「遊ぶ」アクションできるキッカケになるカルチャーを紹介!
「貯金する」何気なく預けている私たちの貯金は、めぐりめぐって大企
業や日本国の利益をあげるために、貧しい国に環境破壊や人権侵害を
押し付ける「悪しき先進国の経済活動」の資金源にもなっています。

__________________________________________________________________

◆お申し込み方法:
  参加ご希望の方は、下記のお申し込みフォームに沿って
  A SEED JAPAN事務局まで電話かメールでお申し込みください。

 ※メール件名は「MDGsセミナー申込」でお願いします。

◆締め切り:3月16日(木)
__________________________________________________________________

◆お申し込みフォーム
  名前:
  所属:
  E-mail:
  A SEED JAPAN会員: Yes / No

 〜事前アンケートにご協力ください(任意)〜
 1:このイベントで1番知りたいことは何ですか?

 2:貧困解決のためにあなたが普段から実行していることが
あれば教えてください。
_________________________________________________________________

◆申し込み先:
  A SEED JAPAN事務局(担当:三本)
  E-mail:info@aseed.org
  TEL:03-5366-7484
  FAX:03-3341-6030

◆個人情報の取り扱いについて:
  今回ご提供いただく個人情報は、A SEED JAPANが主催する
  各種イ ベント等に関する情報提供とそれらに付随する諸対応に
  使用させていただく場合があります。
  取り扱いに関するご質問・ご要望が ございましたら、
  A SEED JAPAN事務局までお問い合わせください。
__________________________________________________________________
■□■
■□  貧困問題と経済の深い関係を解き明かそう!
■   『グローバライゼーション・ガイドブック』好評発売中!
     ⇒SEED SHOP <オンラインショップ>
     http://www.aseed.org/shop/index.html
__________________________________________________________________
|イベント | trackback (x) |
【香港WTO通信】N0.01〜05閲覧方法
【香港WTO通信】N0.01〜05をまとめて閲覧する方法:
チームウェブサイト内の検索エンジンで「香港WTO通信」と入力し、検索。

どうぞご覧ください!また、感想をお待ちしています。
以下のアドレスまでお寄せください。
info@aseed.org(担当:三本)
|香港WTO通信 | trackback (x) |
【香港WTO通信 NO.05】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□■     国際環境NGO A SEED JAPAN
■□■    MDGsウォッチチーム 
□■□■   http://www.aseed.org/mdgswatch/
■□■□■                 NO.05    12/18/2005
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最終日、会場外では大規模なマーチが行われる一方で、閣僚宣言修正第2案
が提案され、閣僚宣言案が採択されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ contents
 1.閣僚宣言採択 〜密室の合意文書が現実に!〜
 2. アクション報告
 3.イベント報告  寄稿:吉田真貴子(Agri-Project九州)
 4.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1■ 閣僚宣言採択 〜密室の合意文書が現実に!〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 12月18日午後に閣僚宣言修正案の第二案が発表され、同日現地時間22時に閣
僚宣言が採択されました。正式な閣僚宣言はまだアップデートされていません
が、閣僚宣言修正案で見えてきた合意部分をお伝えします。
 18日は日中先進国と途上国の交渉カードを出し合い削り合うきわどい調整が
行われていました。途上国の先進国に対しての要求は、開発パッケージの特
別かつ差異ある待遇(S&D:付属書F)に記載されている無税・無枠の市場アク
セスの可能な限り長い期限と総品目中のアクセスを確保できる割合(%)です。
一方で先進国は各種開発パッケージを提案することと引き換えに、サービス協
定(GATS)と非農産品アクセス(NAMA)の交渉方式などで途上国から妥協を引き出
そうとしていました。これらの折衝の結果として、修正案の農業分野では今ま
で[](カッコ)に入っていた輸出補助金の撤廃期限が「2013年」と明記され
ました。そして、特に後発途上国(LDCs)が求めてきた前述の付属書Fの無税・
無枠の市場アクセスが「2008年までに97%確保される」と明記されました。
 しかし、宣言案の中で明確になった論点の中には疑問を感じる部分が多々
あります。特にサービス協定(GATS)です。閣僚会合が始まる前から議長が一括
でドラフトを作り、閣僚宣言には全て[](カッコ)付きで提案され、会期期間
中の数日は特定の国しか議論を行わない等、議論の透明性と民主性が著しく損
なわれた中で閣僚宣言案は修正され、閣僚宣言として採択されました。(修正
案と実際に宣言された閣僚宣言にはいくつか相異点があったようですが、現時
点ではウェブ上に発表されていないため確認できません。)
 途上国はこのような状況にも関わらず、先進国からの取引に応じざるを得な
かったと思われます。修正案には2006年4月30日にはフル・モダリティを確立
させ、2006年7月31日までに関税の譲許表を提案するスケジュールになってい
ます。香港閣僚会合における合意は、世界の大国が「開発」という言葉を利
用してまで利益を得ようとする国際経済の構造を再度明らかにしました。ドー
ハ開発ラウンドは2006年末に最終合意することを目指しています。一市民とし
て、この合意の問題点をウォッチしていく必要性を強く感じました。
(文責:三本)

*参照:第6回WTO閣僚級会合閣僚宣言修正案2(英文)
http://www.wto.org/english/thewto_e/minist_e/min05_e/draft_text5_e.doc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2■ アクション報告
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

18日の午後、ビクトリアパーク(NGOイベントの会場となる公園)にはWTOに
「NO!」と訴える人々が集まり、ラリー(集会)とマーチ(行進)が行いまし
た。農民や草の根の活動家が多く参加し、ビクトリア・パークから会議場が見
える海岸までマーチが行われ、数千人が参加していたようでした。多くの参加
者は平和的かつ従順に行動を行いましたが、TVなどで報道されているように韓
国の農民を中心とした農民グループは、農業交渉がWTOからはずされない限り
一歩もひかない雰囲気で激しい行動を約丸一日続けていました。
マーチの時には多くの団体がメッセージを掲げており、それぞれの団体のWTO
へのスタンスを反映したものが多く見られました。そのいくつかを紹介します。
"Stop the US corporation agenda" "The Doha round is anti-development"
"Stop underpayment! Junk WTO" "WTO out of agriculture" "Reverse woman
for diversity"等です。
その中でA SEED JAPANは「 Barter deal on WTO. Developed countries!
Earn as much as you can!」と、先進国が自国の利益を追求する姿を皮肉っ
たメッセージと、先進国による途上国への開発政策が、貿易交渉の要求に変身
してしまう「WTO Magic Tower」というオブジェを作成しアピールしました。
写真をホームページに掲載しています、ぜひご覧ください。(文責:国分)

*参照:MDGsウォッチホームページ
http://www.aseed.org/mdgswatch

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■3■ 現地イベント報告 寄稿:吉田真貴子(Agri-Project九州)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 17日にビクトリア・パークで開催されたスーザン・ジョージのセミナー「ネ
オリベラリズム(新自由主義)への挑戦と抵抗〜もう一つの世界は可能だ」に
参加しました。スーザン・ジョージは著書「なぜ世界の半分は飢えるのか」の
執筆者で、国際市場を行き来する物品に税を課しその利益で貧困問題や環境問
題への基金とする経済政策「トービン税」などを提唱するATTAC FRANCEの中心
メンバーです。私は彼女の本をいくつか鞄に忍ばせてWTO閣僚会合に向けて勉
強していたので、彼女の生の話が聞けるのを楽しみにしていました。セミナー
の中で彼女が述べた内容を以下に簡単にまとめてみました。
 ネオリベラリズムの目的はすべての商品化であり、人間全ての活動に利益を
生み出すことです。教育や保健のサービス分野では、35億USドルの利益を生み
出すことができると言われています。サービスの分野では、警察等の公安活動
を除く全ての分野がWTOの交渉下にあります。WTOでの議論プロセスは民主的で
はなく、WTOの決定が私たちの生活が変えているのが現状です。WTOは世界で唯
一の経済・貿易分野における取り決めを確約し、間接的に世界を支配している
のです。
 解決方法としてスーザン・ジョージが最後に述べたのは、多くの人々が何が
必要であるのかの知恵を出し合い、自分たちの地域のために活動を起こし、こ
のような問題に対して活動をする団体を増やしていくことです。
 話を聞いて、世界の経済ルールを動かすのはやっぱりお金なのか、と思いま
した。一部の人が儲けるために、世界の大部分の人々は利用され、このまま言
いなりになっていては、私たちはいつかすべてを失うことになりまねません。
香港WTO閣僚会合に来て、多くのNGOと出会い、やはりWTOの問題は大きいと再
確認しました。スーザン・ジョージの言うように、地域でできることをこれ
からも続けていくことが大事だと思いました。(編集:林・三本)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■4■ 編集後記 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この結果にはほんとに失望です、さあ夕飯食べて、日本に帰って、また活動
するぞ!帰国後報告会を行います!(文責:林)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   
  国際環境NGO A SEED JAPAN  http://www.aseed.org/           
  MDGsウォッチチーム  http://www.aseed.org/mdgswatch/ 

  管理人・編集責任者:皆川美帆 
  感想・登録・脱退のご連絡はこちらまで:
  cheshirecat112@yahoo.co.jp

 *貿易と貧困問題をもっとよく知るために…
 「グローバリゼーション・ガイドブック」絶賛発売中!
  ⇒http://www.aseed.org/shop/index.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
|香港WTO通信 | trackback (x) |
最終日のマーチ5

|香港WTO通信 | trackback (x) |
このページの先頭へ
SEARCH
POWERED BY
POWERED BY Blogn
SKIN BY GetNet