環境・市民活動を考える人のためのオンラインショップ〜国際青年環境NGO A SEED JAPAN A SEED JAPAN Webサイト
SEED SHOP SEEDSHOP トップ ご注文フォーム ご注文の流れ お問い合わせ
SEED SHOP トップ > 商品情報


ブックレビュー
 “2003年に日本に訪れた冷夏によって輸入されたタイ米。そして、その日本の行為が国際米価格を押し上げ、アフリカのセネガルでは米不足が引き起こされました。”その意外な事実に驚きました。
当時、日本のテレビでは輸入したにも関わらず「まずい」と言われ公園に捨てられたタイ米を報道したことを思い出しました。捨てた人たちもきっと地球の裏側で食糧の不足に喘ぐ人々を生み出すしくみを知っていたら、同じ行為に出ることはなかったかもしれません。
地球環境問題や貧困問題、ふだん身近に感じることのできない問題だけれど、私たちが普段何気なく行っている消費行動が地球の裏側の富の薄い国にしわ寄せを与えているのだな、と痛感させられます。

グローバライゼーション・ガイドブック

環境・貧困問題と経済の関係・しくみがまるわかり!
A SEED JAPAN 発行 計108ページ 
464g A4版 2004年2月
定価 700円
会員価格 500円
(税込)
*10冊以上お買い上げの方は会員価格でお求めいただけます
ご注文フォーム

「経済のグローバライゼーション(以下、経済のグローバル化)」とは、モノ(貿易)・カネ(マネー)の移動速度・範囲の拡大のことです。経済のグローバル化に注目が集まってきたのは1990年代後半からです。それから急速に地球環境問題や南北問題へ影響を与えている、もしくはつながりがあるという視点で語られるようになりました。農業・森林・貧困・食の安全・労働・環境・生物多様性・HIV・通貨危機・水などの天然資源のアクセス…。これらの問題の背後に「経済のグローバル化」とそれを推進するWTO(世界貿易機関)(と、それを推進する先進国政府・企業)のしくみが横たわっているのです。

これらのしくみの解明に言及した本は他にも発行されていますが、本書ではまずそれぞれの社会問題と経済のグローバル化の関係を初級・中級と分け、初めて経済のグローバル化について学ぶ方にとって読みやすい構成に編集しています。経済のグローバル化について考えてみようという方や、一家や一団体にぜひ置いて頂きたい1冊です。

1.経済のグローバル化とは?
2.WTOとは?その1
3.WTOとは?その2
4.IMF・世界銀行とは?
5.経済学を使ってみよう
6.様々な視点から見るグローバル化
7.Action for …