環境・市民活動を考える人のためのオンラインショップ〜国際青年環境NGO A SEED JAPAN A SEED JAPAN Webサイト
SEED SHOP SEEDSHOP トップ ご注文フォーム ご注文の流れ お問い合わせ
SEED SHOP トップ > 商品情報
ブックレビュー
書店で、分厚く真面目そうなタイトルの本があるなとぺらぺらめくった次の瞬間にはレジに持ち込んでいた…それが「地球白書」との最初の出会いでした。
その筆者のレスター・R・ブラウン氏は地球環境問題のオピニオンリーダー的存在。講演会でレスター氏は環境問題・人口問題を語る上で切り口になるのは食糧問題であると語ります。世界の食糧増産は需要ベースに追いつけない、なぜなら、海の水質汚染や海産資源の減少、気候変動、増え続ける人口、水資源の枯渇という現状があるからである、と。
そして、そのために、経済政策、エネルギー政策、人口政策が重要になると警鐘を鳴らします。また、どのように環境問題を解決するべきか、という話の中からリーダーシップ論が飛び出します。“資格がない、力がないなどと誰もが言い訳をして無責任体勢になったら何も変わらない。リーダーになることに条件はない。”誰もが環境問題について責任があり、誰もがそれを解決するリーダーシップを発揮しなければならないという言葉に共感しました。

レスター・R・ブラウン講演会 報告書

環境問題の先駆者、レスター氏の語る“環境問題”の切り口とは?
A SEED JAPAN発行 計100ページ A5版
180g  2002年3月
定価 300円
会員価格 100円
(税込)
ご注文フォーム

本書には1996年にA SEED JAPANが主催で開催した「レスター・R・ブラウン講演会 〜21世紀への警告!〜今、環境経済革命を〜」の講演内容が全て収録されています。レスター・R・ブラウン氏は世界を代表するアメリカの環境問題に関するオピニオン・リーダー。1934年に生まれ、1974年には地球環境問題に取り組むワールドウォッチ研究所を設立し、1984年に地球の診断書とも呼ばれる「地球白書」を創刊。現在は2001年に新たに設立したアースポリシー研究所を創設し所長を勤めています。講演の中では地球規模で人口問題・食糧問題・エネルギー問題の関係を説明し、対談の中では次世代の青年や日本がするべきことは何かというメッセージを発信しています。

1.開催概要
2.レスター・R・ブラウン講演
3.レスター・R・ブラウン&幸田シャーミン対談
4.メッセージ&当日アンケート