アースデイ東京2015「ワカモノ×ミライ」を開催しました!

 2015年4月19日、20日にアースデイ東京2015が開催され、
A SEED JAPANは昨年に引き続きワカモノ×ミライ※として若
者団体やNGO/NPO計6団体と合同に出展しました。

 今年のワカモノ×ミライのテーマは「What’s Next?」であり、
アースデイ東京2015のメイン3テーマである「エネルギー」
「食」「経済」に対して、市民としてどのような次の一歩が踏み
出せるかを考えていただく機会を提供しました。

※ワカモノ×ミライとは、日本の若者が社会に声を届けるため
にアースデイ東京の場で市民の方々に社会発信をするキャン
ペーンです。

<ブース出展>

 今年のワカモノ×ミライでは5テントを使い、昨年の4団体を超える6団体の若者団体、NGO/NPOと合同出展しました。A SEED JAPANの出展プロジェクトと合同出展団体は下記の通りです。
・エコ貯金プロジェクト
・未来生活nowプロジェクト
・エネルギーとまちづくりプロジェクト
・駒澤大学ECOサークルGreenGrow
・文京学院大学環境教育研究センター
・特定非営利活動法人エコ・リーグ
・United Youth
・国際環境NGO FoE JAPAN e-shift
・学生団体Essens

 A SEED JAPANのエコ貯金プロジェクト、未来生活nowプロジェクト、エネルギーとまちづくりプロジェクトの3つのチームも含め合計9つの内容をもったブース出展をしました。より統一性を出すために、意識的にテントのレイアウトが「エネルギー」「食」「経済」に分かれるように全団体を分類しました。また昨年以上に団体間の連携を深めるためにワカモノ×ミライWhat’s Nextクイズラリーを実施しました。これは9出展それぞれでクイズを一問ずつ出し、正解するごとにシールが1枚ずつもらえるといったものです。

 各シールには文字が書いてあり、9つのシールを集め、それら
をすべてつなげるとWhat’s Nextという文字が浮かび上がるよ
うな仕組みにしました。最後に社会問題に対して「私たち市民に
できる次の一歩」を一言で書いてもらい、ツリーのオブジェに飾
るようにしました。最後のメッセージでは「再生可能エネルギー
を増やす」や「有機栽培で作られたものだけを食べる」、「信用金
庫に口座を作る」など3テーマに沿ったものが多く、一定の成果
があげられたのではないかと考えています。2日間で42名の方
がクイズラリーを通してメッセージを発信しました。

<オフィシャルトークステージ>

 4月19日(日)15:30~16:00にてオフィシャルトークステージA SEED JAPAN主催「この目標で私たちの15年が決まる?!~持続可能な社会に向けた世界の取り組み~」を開催しました。トークステージでは、今年がポスト2015※の開発目標が定まる年ということもあり、まずはあまりメディアにも取り上げにくいこの重要な課題に対する啓発を行いました。そのうえでこうした世界的な目標に対して市民や特に次世代を担う若者がどのような行動をおこせるかを中心に議論しました。登壇者は動く→動かす諸英樹さん、国連広報センター根本かおるさん、United Youth福島宏希さんと司会のA SEED JAPAN永井の4人を交えて展開しました。

 最初に諸さんからポスト2015の概要と動く→動かすが「写真をとって世界に届ける」というキャンペーンとして実施しているAction2015のお話がありました。ポスト2015持続可能な開発目標(SDGs)は全世界が対象となり、私達日本人の生活にも大きく影響を及ぼすものと強調されていました。根本さんも動画を通じて世界の若者がこの目標に対して動いていることをお話ししていました。その次に「日本の若者がよりポスト2015に対して行動を起こしていくためには?」というテーマでディスカッションを行いました。福島さんは現在ポスト2015の目標に対して若者の声を届ける活動を行っており、こうした活動がより政府に認知されていく必要性を促していていました。そのためには国連機関・政府機関NGO/NPOそして若者という3つのセクターが協力して、若者の意思決定の場を広げていくことが求められるとのことでした。最後に、市民の方々にできる一歩目として「まずは選挙へ行こう」という形で締めくくりました。

 トークステージには常時30~40名ほどの来場者の方が訪れて
おり、最後には満員状態となっており実りのある市民啓発となった
と思います。

※2015年に終了するミレニアム開発目標(MDGs)に続く「ポスト
MDGs」に関連して、環境の持続可能性確保に重点をおいて検討
されている国際目標のことです。

<総括>

 今年度はワカモノ×ミライはA SEED JAPANがアースデイ東京
の事務局を担っていることもあり、アースデイの運営全般にかかわ
る機会も多くあり、かなり広い視野で物事を運ぶことができました。

 アースデイ当日でも5テントを借りる大規模出展、メインステー
ジ、オフィシャルトークステージの開催を通じてアースデイ全体に
ワカモノ×ミライのコンセプトを伝えられたのではないかと思います。

 ブースの方にも若い方が多くクイズラリーに参加するなど、より
社会問題を発信する主体が若者に移行しつつあります。こうした
動きに対してA SEED JAPANは引き続き青年の立場でこれから
の時代に価値のある情報を発信していきたいと考えています。

<各若者団体出展内容>

出展団体 内容・成果
エコ貯金プロジェクト Fair Finance Guide Japanの普及啓発。銀行に対するメッセージを44部来場者に書いていただいた。着ぐるみエコトンも初公開。
未来生活nowプロジェクト 「日常脱出マニュアル~これからのエコとおカネと就職の話」を50冊配布した。
エネルギーとまちづくりプロジェクト 再生可能エネルギー推進と金融のかかわりに関する展示を行い、またe-shiftと合同で「パワーシフト宣言」を集めた。
駒澤大学ECOサークルGreenGrow 来場者にエコな言葉を書いてもらいエコトバツリーを作成
文京学院大学環境教育研究センター フィリピンのフェアトレード&アグロフォレストリーコーヒーを販売。完売したことで次の仕入れ資金が得られ、今後も継続的に「買う」支援を実施できる。
特定非営利活動法人エコ・リーグ 環境意識に関するアンケートを実施し、37名のアンケートを回収した。また、ワカモノ×ミライを通じたネットワークも構築した。
United Youth スイミー(大きい赤い魚)に理想の社会について書いていただき、メッセージを25通集めた。
国際環境NGO FoE JAPAN, e-shift 2016年の電力小売全面自由化にむけて、自然エネルギー設備と契約する電力会社を選ぶ「パワーシフト宣言」を72名集めた。
学生団体Essens 日本酒特集などが記載された食育フリーペーパー「Essens」を300部配布

2015-05-18 | カテゴリー:お知らせ

【セミナー】7/10(金)フェア・ファイナンス・スクール
「私たちの預けたお金がフェアに使われるために」

/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/

フェア・ファイナンス・スクール「私たちの預けたお金がフェアに使われるために」

日時:2015年7月10日(金)19:00~21:00
会場:A SEED JAPAN事務所
URL:http://fairfinance.jp
お申込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/52d03b2f372693

//_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/_//_/

「企業の社会的責任(CSR)」「ソーシャル・ファイナンス」「社会的インパクト投資」といったキーワードに注目が集まる中、日本でも、メガバンクをはじめ、多くの金融機関がCSR報告書を発行し、その社会性をアピールしています。しかし、CSR報告書だけでは、どの銀行が、実際に環境や人権等に配慮して投資・融資を行っているか、外部からはなかなか分からない状況です。
そこで、金融機関の投融資方針を「環境」、「人権」、「兵器」などテーマごとに比較するウェブサイト「Fair Finance Guide」日本版(URL:http://fairfinance.jp/)が昨年12月に立ち上がりました。本サイトは、金融機関の投融資方針を調査・比較し、その結果をわかりやすく市民/預金者に提供することを通じて、金融機関のCSRに「良い競争」をもたらすことを目指しています。また、市民や預金者も、本サイトを通じて口座の預け替えメッセージや銀行への応援メッセージを発信することができる、参加型のツールとなっています。
2009年にオランダで生まれたこの「Fair Finance Guide」(旧名Bankwizer)には、これまでに40万人以上のオランダ市民が訪問し、3万人以上が口座移し替えのメッセージを発信。さらに、1万7千人が銀行に対して方針改善に向けたメッセージや質問を直接送信。その結果、オランダ国内の銀行の投融資方針は、兵器産業、人権、気候変動等のテーマにおいて、160以上もの項目で改善されました。2014年からは、これが日本を含む世界7か国を巻き込んだ、グローバルな取り組みへと発展しています。
「Fair Finance Guide」日本版は開設以降多くの注目を集め、これまで10社以上のメディアに掲載頂いています。ただ、その評価基準やウェブサイトの内容にはやや専門的な内容も含まれていて、なかなかすぐに理解しづらい、との声も頂いていました。そこで、Fair Finance Guideの内容について詳細をお話しした上で、その内容について質問やディスカッションができる場=「フェア・ファイナンス・スクール」をこのたび開催することとなりました。「フェアなお金の流れ」「グローバルな企業活動と社会問題の関係」等に関心のある方は、この機会にぜひご参加ください。
※学生の方、およびA SEED JAPAN/PARC/JACSES会員の皆様は無料で参加できます!
※本スクールは6月12日(金)にも開催しておりますが、今回も6月12日とほぼ同様の内容を予定しております。

開催概要

【主催】(特非)A SEED JAPAN
【協力】(特非)アジア太平洋資料センター(PARC)、(特非)「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
【日時】2015年7月10日(金)18:45開場 19:00開始 21:00終了
【参加費】一般:1,000円A SEED JAPAN/PARC/JACSES会員:無料学生:無料
【会場】A SEED JAPAN事務所〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23 TEL:03-5366-7484 FAX:03-3341-6030最寄り駅:東京メトロ丸の内線 新宿御苑駅1番出口 徒歩5分※新宿駅及び新宿三丁目駅からも徒歩圏内です
地図:.http://www.aseed.org/about/map/
【プログラム(予定)】講演及び全体コーディネート:土谷和之(A SEED JAPAN理事)
18:45 開場
19:00 開会
講演「Fair Finance Guide とは?」
質疑&ディスカッション「私たちの預けたお金がフェアに使われるためにできること」
21:00  終了

<お申込み>
7月9日(木)までに以下のサイトにアクセスし、必要事項をご記入ください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/52d03b2f372693

<お問い合わせ先>
A SEED JAPAN 事務局 (西島)
電話:03-5366-7484
Email:info@aseed.org

2015-05-15 | カテゴリー:お知らせ

5/21(木)プロジェクト解散報告会
「ケータイゴリラ 8年間の軌跡」

2000年来急速に普及した携帯電話は、「ケータイ」から「スマホ」に姿を変えつつも、暮らしに欠かせない必需品の一つになりました。現在、日本の携帯電話の総契約台数はおよそ1億3000万台。世界規模では、2000年には契約数10億台に満たなかった携帯電話が2012年には60億台まで増加し、急速に普及しています(総務省調べ)。
一方、携帯電話の中に使われてきた・使われている希少金属の採掘現場においては、環境問題、採掘問題が依然として顕著です。携帯電話など電子製品の需要増を受けて、無秩序な乱開発が今でも行われています。

2008年に開始した「ケータイゴリラ ゴリラを守れ!携帯電話回収キャンペーン」ではアフリカ・コンゴ民主共和国における問題に焦点をあててきました。この地での採掘問題は、紛争との因果関係を国連より指摘されてきたほか、ゴリラをはじめとする大型野生動物の激減や人権問題と深く結びついています。

状況の改善に貢献すべく、NGOと企業の協働キャンペーンとして、使用済み携帯電話の回収・寄付キャンペーンを展開してきた「ケータイゴリラ」。新聞、テレビ、雑誌などのメディアに取り上げられ、採掘問題の認知にも貢献してきました。
コンゴ民主共和国東部に生息する絶滅危惧種のマウンテンゴリラは、活動開始当初2008年時点では700頭まで生息数が激減する危機的状況でしたが、NGOの努力により900頭にまで回復しました。採掘問題の注目を集めるだけでなく、大量消費、大量廃棄をベースとする若者のライフスタイルを持続可能なものへと変革することにも貢献しました。

このたびケータイゴリラの活動を終えるにあたり、これまでご協力いただいた方々、そして新しく採掘問題を知る方向けに、解散報告会を企画いたしました。

ケータイゴリラ8年の歴史の中で、アフリカを現地調査し、日本全国のイベントでブース展開をした活動、社会的意義を報告いたします。また、コンゴ民主共和国やゴリラの現状について、京都大学総長の山極寿一教授にビデオメッセージで現状報告をいただくほか、ケータイゴリラチームとしてパートナーシップを組んだ、企業、NGO、活動の担い手の学生たち、それぞれの立場から「ケータイ」と「ゴリラ」を振り返ります。

ぜひご参加ください。

開催概要

■日時:2015年5月21日(木)18:15〜19:40(開場17:45)
■場所:SHIBAURA HOUSE(シバウラハウス)5F

※アクセス
JR 田町駅芝浦口より徒歩7分
都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩10分

■参加費:無料
■ビデオメッセージ
 山極寿一(京都大学総長/霊長類学者/POPOF日本支部)
■ゲスト
 ペオ・エクベリ(環境コンサルタント)
■登壇者:
 羽仁カンタ(NPO iPledge 代表/ケータイゴリラ発起人)
 白井 徹(白井グループ株式会社 代表取締役社長)
 佐藤裕一(株式会社三光金属 代表取締役社長)
 ほか  A SEED JAPAN ケータイゴリラチームメンバー
■司会進行:
 中村月香(A SEED JAPAN ケータイゴリラチーム)

■定員:50名
■主催:ケータイゴリラチーム(A SEED JAPAN/ FLAT SPACE/白井グループ株式会社/株式会社三光金属/エコケー株式会社)

お申し込み

下記のフォームにて送信いただくか、
メールにてお名前と申込人数をご連絡ください。
申込フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/81c88aa7363266

【お問い合わせ】

特定非営利活動法人 A SEED JAPAN
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23

(Office time : 13:00~21:00)

担当:西島・浅田

2015-05-10 | カテゴリー:お知らせ