HOME >
キー ワードを入力
 
 
 
 
 

 

 
 



【3/25(土)開催】
安心できる「食」について、私たちの「預金」から考える!(フェア・ファイナンスセミナー)




気候変動による天候不順、投機市場による食料価格の高騰、遺伝子組み換え作物の登場、水産資源の乱獲・・・。今、私たちの「食」を取り巻く環境は、さまざまな要因によって脅かされています。

中でも、今最も見えにくい形で私たちの食卓を脅かしていることの一つが、遺伝子組み換え作物の蔓延です。実は、これらの作物を作りだす遺伝子組み換え関連企業へは、日本を含めた世界の大手銀行から、過去も現在も多額の資金が投入されています。これは、一般市民である私たちの預金が、これらの企業の成長を支えているとも言えるのです。

このたび、Fair Finance Guide Japan が行った調査では、2012 年から 2016 年 10 月まで の間に日本の大手金融機関から 1.8 兆円ものお金が流れていることが判明しました。私たちの預金の一部が、この産業の成長の一端に使われていたのです。このような事態を避け、より安心・安全な「食」を広めていくには、どうしたらよいのでしょうか?

このたび、3名の専門家をゲストに迎え、私たちが生活するうえで欠かせない「食」を取り巻く最新動向や、遺伝子組み換え作物を中心とした私たちが直面する「食」のリスクを改めて見つめ直します。そこから、私たちの「意志」と「お金」で、子や孫の世代まで、安心できる「食」をどうやって残していくか、一緒に考えてみませんか?皆さまのご参加を、お待ちしております!

※Fair Finance Guide Japanが実施した「食」テーマ実態ケース調査(2016)は こちら

お申し込みは こちら から!

開催概要

【日時】2017年3月25日(土)14:00〜16:15(開場:13:40〜)

【会場】TURN HARAJUKU
(最寄駅:地下鉄千代田線 明治神宮前駅 徒歩1分、JR山手線 原宿駅 徒歩3分)
http://turn.tokyo/access/

【主催】国際青年環境NGO A SEED JAPAN 【協力】「環境・持続社会」研究センター(JACSES)

【定員】30名

【参加費】一般:1,000円
ASEED JAPAN、JACSES会員及びマンスリーサポーター、学生:500円

【お申込】こちらの 申込フォーム からお願いいたします。

プログラム

第1部 基調講演

バイオ経済・生命操作は農業と市民社会に何をもたらすか 國學院大學教授:古沢 広祐氏

遺伝子組み換え食品による健康リスク、遺伝子組み換え産業の構造的な問題 オルター・トレード・ジャパン 印鑰 智哉氏

Fair Finance Guide「食」ケース調査報告 A SEED JAPAN エコ貯金プロジェクト 田川道子

第2部 パネルディスカッション・質疑応答

<パネラー>古沢 広祐氏(國學院大學教授) 印鑰 智哉氏(オルター・トレード・ジャパン) 田川道子(A SEED JAPAN エコ貯金プロジェクト)

<コメンテーター>小吹岳志氏(フェアトレード・サマサマ&オイコクレジット・ジャパン事務局長)

<コーディネーター>新関康平(A SEED JAPAN エコ貯金プロジェクト)

※プログラムのタイトル及び内容については、変更になる場合があります。

講師プロフィール

●古沢広祐
1950年東京生まれ。 大阪大学理学部生物学科卒業。 京都大学大学院農学部農学研究科(農林経済)修了。農学博士。 現在、国学院大学 経済学部(経済ネットワーキング学科)教授 。 (特活)国際協力NGOセンター理事、市民セクター政策機構理事など。 地球環境問題に関連して永続可能な発展と社会経済的な転換 について、生活様式(ライフスタイル)などの問題も含めて究明。具体的には、環境容量(環境資源利用容量:エコスペース)と持続可能な生産消費パターンの研究、世界の農業食料問題とグローバリゼーション、環境保全型有機農業、エコロジー運動、協同組合運動、NGO・NPO論などについて研究している。

●印鑰 智哉
ブラジル社会経済分析研究所(IBASE)やGreenpeaceなどを経て、2013年から現職。ブラジルへの日本のODAの影響などを調査しているほか、遺伝子組み換え問題を含む食と農をめぐる世界各地の問題を追跡してきた。映画『遺伝子組み換えルーレット』の日本語翻訳監修者でもある。近々、論考「アマゾンの危機とアグロエコロジー」が発表される予定であるが、その他の解説などは以下のリンクを参照。
http://altertrade.jp/archives/8981

●小吹岳志
【フェアトレード・サマサマ&オイコクレジット・ジャパン事務局長 小吹岳志氏】 南・東南アジアの生産者団体・NGOとの取引を通じ、農村女性や難民、貧困層など社会的弱者の経済的自立支援に取り組み、国内ではフェアトレードの普及に努めています。 2008年よりオランダの協同組合・オイコクレジットの協力団体、オイコクレジット・ジャパンの事務局長として、途上国のマイクロファイナンス機関等への出資を呼びかけ、途上国の貧困削減のための社会的金融の認知度アップにも尽力。 他に、日本フェアトレード・フォーラムの役員や大学非常勤講師などを務めています。
▼フェアトレード・サマサマ
http://samasama.world.coocan.jp/
▼オイコクレジット・ジャパン
http://www.oikocredit.jp/

お問い合わせ先

国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:西島・田川)
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
TEL:03-5826-8737
E-mail:info@aseed.org

※本イベントは、独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金からの助成を受けて開催いたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【運営サイト】
TOPIC
過 去のTOPICはこちら >>
 
↑ページトップへ

Copyright (C) 2005 A SEED JAPAN. All Rights Reserved.